日祐|NICHIYU

WEBサイト制作

~受発注システム構築・運用~

[特徴]

各セクション別に入力作業・確認作業を行い、社内全体での連動したシステムがなく、エクセル等で管理している事により、様々な問題が発生しておりました。

  • ・担当業務以外の業務や確認が多く、業務に集中できない。
  • ・確認する資料がバラバラで確認工程も全セクションで行っている為、手間がかかる。
  • ・上記の体制の為、人件費もかかる。
  • ・クライアントとのやり取りは全て営業担当からの報告のみでリスクがある。
  • ・発注漏れ、請求漏れのリスクがある。
[担当別業務内容]
  • ・営業担当がクライアントと折衝し、見積作成・作業依頼書作成・最終納品書作成を行う。
  • ・管理担当が作業依頼書・外注依頼書を作成作業工程管理を行う。
  • ・作業担当が在庫管理・進捗報告を行う。
  • ・経理担当が最終納品書を基に、請求書を発行する。

【改善】
  • ・独立したテンプレートや資料を活用していたが、統一フォーマットの作成。
  • ・システム構築し、全行程をシステム内で確認可能。(情報共有)
  • ・顧客別にページを作り、顧客との連携強化。
  • ・入力・作成業務の軽減及び経理と連携し、発注漏れ・請求漏れ防止。
  • ・トータル人件費削減。